登録免許税の納付

一部の許認可で登録免許税を納付する場合があります

 

こんにちは。

薬事法関連許認可を扱う行政書士橋本です。

先日申請した案件で、登録免許税を納付しましたので、ちょっとその時のことを書こうと思います。

薬事関連の許認可は、県管轄のもの多い為、県証紙又は現金で申請手数料を納付しますが、中には国管轄で登録免許税のものもあります。

納付先は、税務署ですが、郵便局でも納付が出来ますので、郵便局で行いました。

白紙納付書に記入する

別に難しいことはありませんが、初めてだと悩みます。

税の納付書を窓口でもらうのですが、税務署名が既に記入されているものを渡されたら、無記入の物をもらいましょう。

記入済みを訂正し変更すると、番号とかがややこしくなるみたいで、税務署にきいたら未記入の物にいちから書いてと指示。

あまり詳しくない郵便局だと、その辺の事を知らないで、確認してから納付しましょう。

 

申請書に納付済証の原本を張って申請します。

原本を貼っちゃうので、あとあと万が一のため、コピーを取っておきましょう。

結構な金額を納付するので、万が一の時の還付のことも考えておきましょう。

 

大臣許可の許認可は登録免許税です。薬事関連だと少しあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です